【重要なお知らせ】※2021.08.04

2021年度サテライト・イブニング・カレッジに代わり                               

琉球大学 就職・転職支援のための大学リカレント教育

推進事業を行います。

 

2021年度 琉球大学 就職・転職支援のための大学リカレント教育推進事業

 

【日程(9月~12月)】スケジュール  

申込期間 2021年8月10日(火)~8月27日(金)
受講決定通知  随時

1. 琉球大学就職・転職支援のための大学リカレント教育推進事業とは

産業支援センター小会議室

新型コロナウィルス感染症の影響により、雇用構造の転換が進む中、実践的・実用的な資質と能力を身に付け、自己のキャリア開発に繋げるために非正規労働者、失業者への支援(人材育成・職業訓練教育)が求められています。このような背景の中、琉球大学では、リカレント教育を大学のミッションとして明確に位置づけ、ますます多様化・複雑化・深刻化する社会のニーズに応えていくことができるよう、産業界や地方自治体等を巻き込みながら、新たなリカレント教育を開発・提供することにより、とりわけ求職支援に力点を置いた社会人教育の充実に取り組んでいます。

また、DX等の進展に伴う産業構造の変化や人生百年時代の構想を象徴すべく長寿社会の到来により、働き方や人生の在り方そのものが様変わりしている中、一人一人の国民が生涯を通して活躍できる社会の構築、労働生産性の向上と新しい付加価値の創造、人間らしい生活の実現に向けた真の教養教育の浸透等の課題に注目が集まっています。

特に沖縄県は、県内総生産に占める製造業の構成比が全国一低く、第3次産業の構成比が高い産業構造となっているため、全国一律の対策ではなく、地域の実情に応じた独自の対策が求められています。

このような背景の中、琉球大学では、リカレント教育を大学のミッションとして明確に位置づけ、ますます多様化・複雑化・深刻化する社会のニーズに応えていくことができるよう、産業界や地方自治体等を巻き込みながら、新たなリカレント教育を開発・提供することにより、とりわけ職業実践力の育成に力点を置いた社会人教育の充実に取り組んでいます。

 

2. 求職支援リカレントプログラム(Aコース)の概要について

RSECの基本理念と今後のテーマ

沖縄県の失業者、非正規労働者、現在の条件に満足していない社会人を対象に、琉球大学、経済団体、地方公共団体、民間企業、ハローワーク、等の外部のステークホルダーズと連携・協力し、即効性があり、より実践的かつ応用的なリカレントプログラムを開発・設計し、かつオンラインと対面とを組み合わせることにより、フレキシブルな受講が可能な教育プログラムを提供することにより、受講者の目標達成を支援します。とりわけ再就職に求められる資質・能力として、自己発信力、傾聴力、表現力、コミュニケーション能力等の汎用的能力の育成をベースに、社会人に求められる、問題発見力、仮説検証能力、論理的思考力、行動力、等をマネジメント論のフレームワークを通じて訓練・育成していきます。

※Aコースは「求職者支援制度」の対象です。詳しくは厚生労働省のサイト「求職者支援制度のご案内」をご覧ください。

 

3.  職業実践力育成リカレントプログラム(Bコース)の概要について

RSECの教育目的

沖縄県内の社会人(失業者、非正規労働者、現在の条件に満足していない社会人、等を含む)を対象に、琉球大学、経済団体、地方公共団体、民間企業、ハローワーク、等の外部のステークホルダーズと連携・協力し、即効性があり、より実践的かつ応用的なリカレントプログラムを開発・設計し、かつオンラインと対面とを組み合わせることにより、フレキシブルな受講が可能な教育プログラムを提供することにより、受講者の目標達成を支援する。とりわけ職業実践力の育成に求められる資質・能力として、自己発信力、傾聴力、表現力、コミュニケーション能力等の汎用的能力の育成をベースに、社会人に求められる、問題発見力、仮説検証能力、論理的思考力、行動力、等に加え、政策提言能力、経営戦略策定能力、ビネスプラン策定能力、等をマネジメント論とマーケティング論のフレームワークを通じて訓練・育成していきます。

 

4. 講座及び担当講師

講義A:キャリア開発実践論 – シラバス
授業内容 自己のキャリア形成について、対面とオンラインによりグループワークやロールプレイング、ディスカッション、プレゼンテーション等のPBLにより社会人のキャリア開発に必要なスキルを身につける。
担当教員 牛窪 潔 初回講座 9月2日(木) 備考 A、Bコース共通
講義B:マーケティング実践論 – シラバス
授業内容 マーケティングの理論を体系的に学習した上で、その理論をビジネスの現場でいかに実践・応用し成果にむすびつけるかを学ぶ。
担当教員 饒平名 知也 初回講座 9月3日(金) 備考 Aコース
講義C:マネジメントに必要なビジネス思考×基本ツール×運用力 – シラバス
授業内容 ビジネスにおいて必要なマネジメント思考方法やツールを「知っているレベル」から「運用レベル」に向上させるスキルの習得を目指します。
担当教員 仲谷 康 初回講座 9月4日(土) 備考 A、Bコース共通
講義D:財務分析基礎編 – シラバス
授業内容 企業等を取り巻く環境や財務諸表の構造等を理解するとともに、具体的な分析手法を習得し、財務諸表を読み解く能力を身につける。
担当教員 前島 修 初回講座 9月4日(土) 備考 Aコース
講義E:キャリア系科目 – シラバス
授業内容 オムニバス形式にてキャリア形成等について講義を行う。
担当教員 オムニバス 初回講座 9月7日(火) 備考 Aコース
講義F:統計解析基礎編 – シラバス
授業内容 本授業では、データを扱うために必要な統計的基礎知識とデータ分析手法を学び、実際に分析ソフトを使用して演習を行うことによって理解を深めます。
担当教員 吉田 望 初回講座 9月8日(水) 備考 A、Bコース共通
講義G:社会人向けSTEAMEC教育論 – シラバス
授業内容 本講義は、ワークショップ等の体験を通じて、自ら課題を見つける力、物事をさまざまな面からとらえ解決する力、新しい価値を創造する力を身につけることを目指します。
担当教員 名幸 穂積、  田場 誠 初回講座 11月5日(金) 備考 Bコース
講義H:マーケティングの要諦と実践ビジネス・プランニング – シラバス
授業内容 講義Cで体得したビジネス思考やツール等を駆使し、マーケティングの知識も加えながら実動可能レベルのビジネス・プランニング立案能力の育成を目指す。
担当教員 仲谷 康 初回講座 11月6日(土) 備考 Bコース
講義I:起業家行動論 – シラバス
授業内容 本講義は、起業家の立場から起業家のマインド・行動原理・環境適応能力等に焦点をあて、グループワークを加えながらアントレプレナーシップの実践的本質について学ぶ。
担当教員 饒平名 知也 初回講座 11月6日(土) 備考 Bコース

5. 時間割

*祝祭日は休講になります。講座日については、担当講師よりシラバスをご確認ください。

【火~金曜】

18:30~
21:00
火曜日-講義E:キャリア系科目【オムニバス】

水曜部-講義F:統計解析基礎編【吉田】

木曜日-講義A:キャリア開発実践論【牛窪】

金曜日-(9月~10月)講義B:マーケティング実践論【饒平名】

(11月~12月)講義G:社会人向けSTEAMEC教育論【名幸、田場】

【土曜】

13:00~
15:30
(9月~10月)

講義C:マネジメントに必要なビジネス思考×基本ツール×運用力【仲谷】

(11月~12月)

講義H:マーケティングの要諦と実践ビジネス・プランニング
【仲谷】

16:00~
18:30
(9月~10月)

講義D:財務分析基礎編
【前島】

(11月~12月)

講義I:起業家行動論
【饒平名】

 

6. 修了要件について

単位制および社会人の修了要件と一般学生の卒業要件について

 

・120時間(各コースの6科目)の履修

・学修ポートフォリオの提出及び審査の合格

を満たし修了した受講生に対して修了証を授与します。
 なお、大学の単位は授与されませんのでご注意ください。

 

 

 

7. 受講場所

原則としてインターネットによるオンラインにて行う。

ただし科目によっては2~4回程度の対面講義を予定している。

場所は琉球大学にて行う。(住所:沖縄県中頭郡西原町字千原1番地)

🚙車利用の場合*琉球大学

駐車場有り

🚝モノレール利用の場合*琉球大学

ゆいレール「てだこ浦西駅」からバス294番てだこ琉大快速線またはタクシー

🚌バス利用の場合*琉球大学

路線バス:97番(那覇バス)、98番(琉球バス)

高速バス:111番、117番

詳しくは琉球大学ホームページの「アクセス」を参照ください。

【URL】https://www.u-ryukyu.ac.jp/access

8.募集人員及び要件

定員は、各プログラム(コース)それぞれ30名程度となります。

募集にあたり下記の要件を満たすことが必要です。

1.Bコースの受講者は琉球大学学則第28条に規定する本学への入学資格を有する者であること。

(例:高等学校または中等教育学校を卒業した者、通常の課程による12年の学校教育を終了した者)

2.Aコース及びBコースについて、修了後に就職状況等の追跡調査を行うので協力できること。

3.インターネットによるオンラインの講義やパソコンを使用した講義があるため、パソコンの基本操作や

Excel等の操作を行えること。

 

9. 受講生の応募方法について

社会人受講生の応募方法について
本サイトの応募フォーム(下記)から応募するか、若しくは下記の応募用紙をダウンロードし必要事項を記入の上、次項12の申込み郵送先に提出して下さい。
なお、応募フォームによる申込み及び郵送(必着)の応募締め切りは2021年8月27日(金)となります。また、応募フォーム又は郵送による申込みのどちらとも、必ず1プログラム毎に受講目的(400〜500字程度)の送信又は提出が必要となりますので、ご注意ください。

2021琉球大学リカレント教育事業_応募用紙

2021琉球大学リカレント教育事業_レポート用紙

宛先:tyurasimajigyou@acs.u-ryukyu.ac.jp

 

RSECの教育目的

10. 受講決定について

先着順に決定いたします。受付後順次受講決定の連絡をいたします。

11. 受講料(2021年度)について

受講料は、文部科学省委託授業により無料となります。

なお、来年度以降の受講料金額については、変更する場合がありますのでご了承ください。

 

12. 問い合わせ先及び申込み先について

問い合わせ先

○琉球大学 地域連携推進機構○

〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地

TEL:098-895-8019

メール:tyurasimajigyou@acs.u-ryukyu.ac.jp

 

申込み先:郵送先及び応募サイト

○郵送先○

国立大学法人琉球大学 総合企画戦略部地域連携推進課

〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地

 

○応募フォームはこちら○

氏名 (必須)
ふりがな (必須)
性別 (必須)
生年月日 (必須)
年齢 (必須)
郵便番号 (必須)
〒郵便番号検索
住所 (必須)
電話番号(携帯可) (必須)
職場名
勤務先住所
勤務先電話番号
メールアドレス (必須)
受講希望コース (必須)

レポート※必須
(400〜500字程度)
※複数の受講希望コースがある場合は、それぞれの受講コースとレポート(受講目的)がわかるように入力をお願いします。
応募レポート用紙
ファイルアップロード
※ファイル名は半角英数字にしてアップロードしてください。

to Page Top

Copyright © 2021 RYUDAI COC All Rights Reserved.